DebianでCommuniGate Pro + ClamAV + cgpavを利用するDebianでCommuniGate Pro + ClamAV + cgpavを利用するまでの手順。CentOSとはパッケージ名やパスが異なるので一応書いておく。

■clamdのインストール
Debianでは通常用意されているパッケージで最新化されている。clamdはclamav-daemonというパッケージになる。

  1. # apt-get install clamav clamav-daemon

インストール完了後定義ファイルの更新。

  1. # freshclam

clamd.confの編集

  1. # vi /etc/clamav/clamd.conf
  2. User clamav
  3. User root (CGServerと同じユーザで動作させる)
  4. 大きなファイルを扱う場合(CGPのファイルサイズ制限と合わせる)
  5. StreamMaxLength 100M

編集したらデーモンを再起動

  1. # /etc/init.d/clamav-daemon restart

■cgpavのインストールと設定

  1. # cd ~/download/
  2. # wget http://program.farit.ru/antivir/cgpav-1.4.tar.gz
  3. # tar zxvf cgpav-1.4.tar.gz
  4. # cd cgpav-1.4
  5. # ./configure --with-antivirus=clamav --with-spamassassin=no (ClamAV指定、スパム対策無し)
  6. # make
  7. # make install
  8.  
  9. # vi /var/CommuniGate/Settings/cgpav.conf
  10. clamd_socket = /tmp/clmad
  11. clamd_socket = /var/run/clamav/clamd.ctl
  12.  
  13. infected_action = discard
  14. infected_action = addheader(標準では有無を言わさずウイルスメール自体を消去するので注意)
  15.  
  16. add_not_infected_header = false
  17. add_not_infected_header = true(チェックして問題なかったことがわかる)
  18.  
  19. recipients_notification = false(受信先にウイルスメールが来たことを通知する場合trueにする)

動作試験こちらもパス。なぜうまく動作しないのかわからない。

■その他
CommuniGate Pro上の設定はCentOSと同じ。

ログのチェック

  1. # cat /var/log/syslog | grep cgpav


関連性の高い記事 by Simple Tags :

, , ,
とりあえず付けておく無駄ではなかったなまぁまぁ読めたちょっと役に立ったかなかなり良かったかも (まだ評価されていません)
Loading...
Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.