pcap2sippでsippシナリオxmlを作成するメモ■pcap2sippでsippシナリオxmlを作成するメモ
 SIPのテストのため、実際の通信をパケットキャプチャして、そこからsippシナリオのxmlファイルを作成するためのメモ。使用するツールはpcap2sipp。同名のperl scriptも存在するようだが、ここではLinux上でmakeするタイプのものを利用した。

■pcap2sippのインストール
 先にsourceforge.netからpcap2sipp.tar.gzをダウンロードしておく。

  1. # yum install libpcap libpcap-devel tcpdump
  2. # tar zxvf pcap2sipp.tar.gz
  3. # cd pcap2sipp
  4. # make all

■pcap2sippの使い方
 事前に通信のキャプチャファイルを用意しておく。(ex: call.pcap)

最初に通信しているIPをリストする

  1. # ./pcap2sipp -o listips -f call.pcap
  2. ******************* Available IP addresses **********************
  3. 10.0.2.10
  4. 192.168.0.10
  5. ******************************************************************

次に使用されているcallIDをリストする

  1. # ./pcap2sipp -o listcallids -f call.pcap
  2. ********************** Available Call IDs ************************
  3. 8Mv2R1rB.mcu7tO21ZFCMDjjvE7DJx8V
  4. YfqoDfWpaiWxS1Zi0rep3EfStwl3AkX2
  5. -we1v2OCObQGp-S.2pcQMIVsPs8a5k2P
  6. qODuwM0uFomvET.j3xbEjqCVTnl4VCDf
  7. ******************************************************************

192,168.0.10をローカル側、10.0.2.10を相手側として、
CallID qODuwM0uFomvET.j3xbEjqCVTnl4VCDf を対象に
xmlを作成してみる

  1. # ./pcap2sipp -o simulate -f call,pcap -c qODuwM0uFomvET.j3xbEjqCVTnl4VCDf -i 192.168.0.10 -a 10.0.2.10 -b 192.168.0.10
  2. ********************** Generating simulation files *************************
  3. The RTP file was generated. Path: /tmp/rtp.pcap
  4. All necessary data was succesfully generated. You can now run sipp with command:
  5. rm -f /tmp/*.log; ./sipp -sf /tmp/sipp_scenario.xml -inf /tmp/sipp_injection.csv -i 192.168.0.10 -p 5060  10.0.2.10:5060 -m 1 -trace_msg -d 3000

これで実際にテスト可能なデータが/tmpに作成される。


関連性の高い記事 by Simple Tags :

, , , ,
とりあえず付けておく無駄ではなかったなまぁまぁ読めたちょっと役に立ったかなかなり良かったかも (まだ評価されていません)
Loading...
Trackback

3 comments untill now

  1. pcap2sippでsippシナリオxmlを作成するメモ http://t.co/K5oJBAy2 #sip #sipp #pcap2sipp

  2. RT @isnext_blog: pcap2sippでsippシナリオxmlを作成するメモ http://t.co/7Pgoe6dL

  3. 動くかどうかは見てないけど。