D520にScientific Linux 5.6をインストールしたメモ■D520にScientific Linux 5.6をインストールしたメモ
 CentOS5系からScientific Linux5系に移行するため、Dell D520にインストールを行った時のメモ。D520には4Gの物理メモリが搭載可能だがファームウェアの制限で4Gフルに利用することができない。ファームウェアがA04だったため最新のA08に入れ替えても同様だった(ファームウェアアップデートにはWindows OSが必要になるので注意)。ファームウェアで認識してくれないため、x86_64版のScientific Linuxをインストールしても最大メモリは約3.3Gとなる。HDDは日立製HTS723232A7A364。とても静かでシーク音もほとんど聴こえないくらい。D520のアイドル時の消費電力は18-32W程度。平均して26Wくらいか。ある程度稼働している状況で55Wくらい。

■ファームウェアの設定
 F2キーで設定画面。シリアル・パラレル・1394・PCカードなど使わないオンボードデバイスは全てオフ。サーバとして利用するのでディスプレイの輝度も最小に設定。HDDはperformance設定。

■インストール設定覚書
・パーテーション
 /boot 101M
 / 299872M
 swap 5248M
・ネットワーク
 IPv4は固定設定
 IPv6はDisableに
・インストールコンフィグ
 Serverのみチェック 
 今すぐカスタマイズ
・カスタマイズ内容
 SL Addon
  以下の2つをチェック
  FUSE
  Yum Utility
   yum-conf-epel yum-fastestmirrorのみチェック
 アプリケーション
  エディタとテキストベースのインターネットのみ
 サーバ
  以下の3つだけにして更に一部修正する
  MySQLデータベース mysql-python外す
  Webサーバ httpd-manual mod-perl mod-python php-ldap squid tux webalizer外す
        php-mysql付ける
  メールサーバ postfixとcyrus-sasl sendmailのみ
 ベースシステム
  java ダイアルアップネットワークサポートの2つ外す
・Firewall Configration
 SELinuxをDisable
 カスタマイズで HTTP/HTTPS/SMTPを追加
・System Services
 以下のものだけチェック
  cpuspeed
  crond
  dnsmasq
  httpd
  iptables
  irqbalance
  microcode_ctl
  network
  sendmail(最初はpostfixリストされない)
  smartd
  readahead_early
  sshd
  syslog
・再起動しておく

■再起動後基本設定
・まずはアップデート
 # yum update
・sshdとiptablesの設定変更
 # vi /etc/ssh/sshd_config
  #Port 22 を Port 10022 に変更
 # vi /etc/sysconfig/iptables
  -A RH-Firewall-1-INPUT -m state –state NEW -m tcp -p tcp –dport 10022 -j ACCEPT 追加
 # service sshd restart
 # service iptables restart
・sendmailからpostfixに変更
 # yum remove sendmail
 # ntsysv でpostfixにチェックがついているか確認

■パフォーマンス設定
・noatime設定の追加
 # vi /etc/fstab
  LABEL=/ / ext3 defaults,noatime 1 1 noatimeを追記
 # mount -o remount / で再マウント
 # mount でnoatimeが有効になっているか確認
  /dev/sda on / type ext3 (rw,noatime)
・I/Oスケジューラを変更
 # vi /etc/rc.d/rc.local
  echo deadline> /sys/block/sda/queue/scheduler 追記
 # cat /sys/block/sda/queue/scheduler で確認
  noop anticipatory [deadline] cfq
・利用可能な内部通信socketを増やす
 # vi /etc/rc.d/rc.local
  echo 16384 65535 > /proc/sys/net/ipv4/ip_local_port_range 追記
 # cat /proc/sys/net/ipv4/ip_local_port_range で確認
  16384 65535
・プロセススワップを抑制
 # vi /etc/sysctl.conf
  vm.swappiness = 0 追記
・1プロセスが同時に開けるファイル数を増やす
 # vi /etc/security/limits.conf
  root soft nofile 25600
  root hard nofile 25600
  mysql soft nofile 12800
  mysql hard nofile 12800
  apache soft nofile 12800
  apache hard nofile 12800 追記
・再起動して設定が有効なことを確認

ここからはSNS用サーバ設定を追加していく予定。
長文になるため別記事にする。


関連性の高い記事 by Simple Tags :

, ,
とりあえず付けておく無駄ではなかったなまぁまぁ読めたちょっと役に立ったかなかなり良かったかも (まだ評価されていません)
Loading...
Trackback

only 1 comment untill now

  1. D520にScientific Linux 5.6をインストールしたメモ http://t.co/1uZFe2d Centosさよなら計画実行中