Scientific Linux 5.6でSNSサーバを構築するメモ■Scientific Linux 5.6でSNSサーバを構築するメモ
 CentOS5系で運用中のSNSサーバをScientific Linux5系に移行するため、試験環境としてDell D520にインストールを行った時のメモ。ここからはSNS等アプリケーション導入前までの構築メモ。OS自体は前記事を参照。

 D520にScientific Linux 5.6をインストールしたメモ
 http://blog.isnext.net/issy/archives/1281

■高機能メールサーバCommuniGate Proをインストール
 phpアプリで必要なケースが多いのでpostfixを活かしたままCGPを有効にする
・postfix側の設定変更
 # vi /etc/postfix/master.cf
  smtp inet n – n – – smtpd
   ↓
  #smtp inet n – n – – smtpd
 # vi /etc/postfix/main.cf
  mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost
   ↓
  mydestination = localhost
  追記
  relayhost = 自IPアドレス
  myhostname = po.ホストネーム セルフループ回避呪文
・postfixを再起動
 # service postfix restart
・postfixがsmtpをLISTENしてないことを確認
 # lsof -i

・CommuniGate Proの最新版をインストール
 (商用だがCommunityライセンス下で5ユーザまで無料で利用可能)
 # wget http://www.communigate.com/pub/CommuniGatePro/CGatePro-Linux.x86_64.rpm
 # rpm -ivh CGatePro-Linux.x86_64.rpm
 # service CommuniGate start
・CGPの管理画面にアクセスするためにiptableでポート追加
 # vi /etc/sysconfig/iptables
  -A RH-Firewall-1-INPUT -m state –state NEW -m tcp -p tcp –dport 8010 -j ACCEPT 追記
 # service iptables restart
・ブラウザでhttp://サーバIPアドレス:8010/へアクセスして設定
 postmasterのパスワード設定
 Basic認証が表示されるのでID:postmasterと設定したパスワードでログイン
  japanese japanese(ISO) (+0900)japan/Korea expert で設定

■日本語全文検索対応mysql/Tritonnインストール
・標準導入のMySQLを削除する
 # yum remove mysql
・perl-DBIのインストールを確認(あればOK)
 # rpm -qa | grep -i perl-DBI
・最新のtritonnパッケージ群をダウンロード
 # wget http://iij.dl.sourceforge.jp/tritonn/44614/MySQL-client-5.0.87-tritonn.1.0.12a.x86_64.rpm
 # wget http://iij.dl.sourceforge.jp/tritonn/44614/MySQL-devel-5.0.87-tritonn.1.0.12a.x86_64.rpm
 # wget http://iij.dl.sourceforge.jp/tritonn/44614/MySQL-server-5.0.87-tritonn.1.0.12a.x86_64.rpm
 # wget http://iij.dl.sourceforge.jp/tritonn/44614/MySQL-shared-5.0.87-tritonn.1.0.12a.x86_64.rpm
 # wget http://iij.dl.sourceforge.jp/tritonn/44614/mecab-0.98-tritonn.1.0.12a.x86_64.rpm
 # wget http://iij.dl.sourceforge.jp/tritonn/44614/mecab-ipadic-2.7.0.20070801-tritonn.1.0.12a.x86_64.rpm
 # wget http://iij.dl.sourceforge.jp/tritonn/44614/senna-1.1.4-tritonn.1.0.12a.x86_64.rpm
・以下の順番でインストール
 # rpm -ivh mecab-0.98-tritonn.1.0.12a.x86_64.rpm
 # rpm -ivh mecab-ipadic-2.7.0.20070801-tritonn.1.0.12a.x86_64.rpm
 # rpm -ivh senna-1.1.4-tritonn.1.0.12a.x86_64.rpm
 # rpm -ivh MySQL-shared-5.0.87-tritonn.1.0.12a.x86_64.rpm
 # rpm -ivh MySQL-client-5.0.87-tritonn.1.0.12a.x86_64.rpm
 # rpm -ivh MySQL-server-5.0.87-tritonn.1.0.12a.x86_64.rpm
 # rpm -ivh MySQL-devel-5.0.87-tritonn.1.0.12a.x86_64.rpm
・MySQLのパスワード設定を行う
 # /usr/bin/mysqladmin -u root password ‘rootpassword’
・ログインして動作確認
 # mysql -u root -p
・設定ファイルを適当に選んで配置する
 # cp /usr/share/mysql/my-large.cnf /etc/my.cnf
・utf8で使いたい場合には以下の行を各項目で追記
 # vi /etc/my.cnf
  [mysqld]
  default-character-set = utf8
  [mysqldump]
  default-character-set = utf8
  
  default-character-set = utf8
・設定を反映させる(mysqldでないことに注意)
 # service mysql restart
・設定変更を確認
 # mysql -u root -p
  mysql> status
  …
  Server characterset: utf8
  Db characterset: utf8
  Client characterset: utf8
  Conn. characterset: utf8
  …

■MyNETS(SNSサーバアプリ)の導入準備をする
・MyNETSに必要なコンポーネントをインストール
 # yum install php-mcrypt php-mbstring php-gd php-mysql php-xmlrpc php-xml php-eaccelerator ImageMagick
・ImageMagickの強制アップデートをする
 SL5.6のImageMagickにもCentOSと同じ問題があるので最新版で入替えする
 # wget http://www.imagemagick.org/download/linux/CentOS/x86_64/ImageMagick-6.7.1-3.x86_64.rpm
 # rpm -Uvh –force ImageMagick-6.7.1-3.x86_64.rpm

■監視系に必要なアプリを導入する
・sysstatをインストール
 # yum install sysstat
・lm_sensorsをインストール
 # yum install lm_sensors
 # sensors-detect で設定
 # sensors で動作確認
・muninをインストール
 # yum install munin munin-node
 # munin-node-configure で設定確認
・apacheの監視を有効にする
 # vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
  #ExtendedStatus On
   ↓
  ExtendedStatus On

  #<Location /server-status>
  # SetHandler server-status
  # Order deny,allow
  # Deny from all
  # Allow from .example.com
  #</Location>
   ↓
  <Location /server-status>
   SetHandler server-status
   Order deny,allow
   Deny from all
   Allow from 127.0.0.1
  </Location>
・muninを再設定する
 # munin-node-configure -suggest で設定可能な内容を確認
 # munin-node-configure -shell | sh で設定
 # munin-node-configure 設定を確認
 # service munin-node start 監視を開始

※MySQLに関するmunin監視設定は以下を参照

 muninで複数mysqldを監視する設定メモ
 http://blog.isnext.net/issy/archives/957

■SNSアプリケーションの導入
 以下のURLの「8)SNSサーバとしての設定」を参照

 カスタム版MyNETSとCentOS5で1万人規模のSNSを構築する
 http://blog.isnext.net/issy/archives/384


関連性の高い記事 by Simple Tags :

, , , , , ,
とりあえず付けておく無駄ではなかったなまぁまぁ読めたちょっと役に立ったかなかなり良かったかも (まだ評価されていません)
Loading...
Trackback

only 1 comment untill now

  1. Scientific Linux 5.6でSNSサーバを構築するメモ http://t.co/HLzcTxV CentOSさよなら計画実行中 #mynets