nulab社backlog評価版のインストールBacklogはnulab社の提供する素晴らしいサービスです。
http://www.backlog.jp/

参考URL
https://www.backlog.jp/package/doc/professional/install-guide/install-guide.html

指定のURLから評価版をダウンロードする ~/download/ に配置しておく

# cd ~/download

SunからJavaSE6をダウンロードしてインストールする(割愛)

javaのフォント設定

# yum install fonts-japanese で最新のフォントが導入されていることを確認

# mkdir /usr/java/default/jre/lib/fonts/fallback
# ln -s /usr/share/fonts/ja/TrueType/kochi-*.ttf /usr/java/default/jre/lib/fonts/fallback/

javaのデータベース設定準備(mysql)

# wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/mysql/Downloads/Connector-J/mysql-connector-java-5.1.8.tar.gz
# tar zxvf mysql-connector-java-5.1.8.tar.gz

mysql設定準備

# yum install perl-DBD-MySQL

mysqlにデータベース作成

# mysql -u root -p
mysql> grant all privileges on backlog.* to backlog@localhost identified by ‘backlog’ WITH GRANT OPTION;
mysql> CREATE DATABASE `backlog` DEFAULT CHARACTER SET utf8 ;
mysql> quit

Backlogインストール

# rpm -ivh backlog-app-1.3.0-01.el5.noarch.rpm backlog-www-1.3.0-01.el5.i386.rpm

mysqlドライバを配置

# cp mysql-connector-java-5.1.8/mysql-connector-java-5.1.8-bin.jar /opt/backlog/

backlogディレクトリに移動

# cd /opt/backlog/

設定コマンドを起動

[root@xc backlog]# /opt/backlog/bin/init.sh

  1. ======================================================================
  2.    Backlog Professional Configurater
  3.    ____             _    _
  4.    |  _ \           | |  | |
  5.    | |_) | __ _  ___| | _| | ___   __ _
  6.    |  _ < / _` |/ __| |/ / |/ _ \ / _` |
  7.    | |_) | (_| | (__|   <| | (_) | (_| |
  8.    |____/ \__,_|\___|_|\_\_|\___/ \__, |
  9.                                    __/ |
  10.                                   |___/  
  11.  
  12.                                          [http://www.backlog.jp]
  13. ======================================================================
  14.  
  15. Backlog Professionalの環境設定を開始します。
  16.  
  17. BacklogにアクセスするURLを設定してください [http://www.example.com:8969]
  18. (設定したURLに /backlog がコンテキストパスとして追加されます)
  19.    
  20. http://www.example.com:8969 を設定しました。
  21.  
  22. SMTPサーバのホスト名を指定してください [localhost]
  23.  
  24. localhost を設定しました。
  25.  
  26. 御使用のデータベースを選択してください
  27. ( m<MySQL> / p<PostgreSQL> ) m
  28. MySQL を選択しました。
  29.  
  30. データベースサーバのホスト名を指定してください [localhost]
  31.  
  32. localhost を設定しました。
  33.  
  34. データベースサーバのポート番号を指定してください [3306]
  35.  
  36. 3306 を設定しました。
  37.  
  38. データベースサーバのユーザを指定してください [backlog]
  39.  
  40. backlog を設定しました。
  41.  
  42. データベースユーザのパスワードを入力してください [backlog]
  43.  
  44. backlog を設定しました。
  45.  
  46.  
  47. 次の設定内容で環境設定を行います。
  48.  
  49. Backlog URL     [http://www.example.com:8969]
  50. SMTPサーバホスト  [localhost]
  51. データベース      [MySQL]
  52.   サーバホスト        [localhost]
  53.   ポート番号       [3306]
  54.   ユーザ     [backlog]
  55.   パスワード       [backlog]
  56.  
  57. よろしいですか?
  58. ( y<続ける> / r<やり直し> ) y
  59.  
  60. 使用するJDBCドライバを選択してください。
  61.  1:mysql-connector-java-5.1.8-bin.jar
  62. 1
  63.  
  64.  1:mysql-connector-java-5.1.8-bin.jar が選択されました。
  65.  
  66. テーブルの新規作成を開始します。
  67. CREATE TABLE space
  68. CREATE TABLE project
  69. CREATE TABLE users
  70. CREATE TABLE autologin_user
  71. CREATE TABLE component
  72. CREATE TABLE information
  73. CREATE TABLE status
  74. CREATE TABLE version
  75. CREATE TABLE default_issue_type
  76. CREATE TABLE issue_type
  77. CREATE TABLE issue
  78. CREATE TABLE issue_component
  79. CREATE TABLE issue_affectedversion
  80. CREATE TABLE issue_fixedversion
  81. CREATE TABLE attachment
  82. CREATE TABLE comment
  83. CREATE TABLE licence_type
  84. CREATE TABLE licence
  85. CREATE TABLE licence_changelog
  86. CREATE TABLE mail
  87. CREATE TABLE dashboard
  88. CREATE TABLE page
  89. CREATE TABLE page_attachment
  90. CREATE TABLE page_tag
  91. CREATE TABLE page_tag_link
  92. CREATE TABLE party
  93. CREATE TABLE party_user
  94. CREATE TABLE project_user
  95. CREATE TABLE project_mail
  96. CREATE TABLE reminder
  97. CREATE TABLE remote_address
  98. CREATE TABLE space_contact
  99. CREATE TABLE space_contact_changelog
  100. CREATE TABLE space_order
  101. CREATE TABLE space_remarks
  102. CREATE TABLE disk_usage
  103. CREATE TABLE shared_file
  104. CREATE TABLE subversion
  105. CREATE TABLE issue_shared_file_link
  106. CREATE TABLE page_shared_file_link
  107. CREATE TABLE work_item
  108. CREATE TABLE step
  109. CREATE TABLE space_field
  110. テーブルの新規作成が終了しました。
  111.  
  112. コピー
  113.  終了
  114. 設定が完了しました。
  115.  
  116. Backlogの起動を確認後、引き続き http://www.example.com:8969/backlog/Setup.action に接続してユーザ情報を登録してください。
  117. backlog-app を起動中: Using CATALINA_BASE:   /opt/backlog/tomcat
  118. Using CATALINA_HOME:   /opt/backlog/tomcat
  119. Using CATALINA_TMPDIR: /opt/backlog/tomcat/temp
  120. Using JRE_HOME:       /usr/java/default
  121.                                                            [  OK  ]
  122. backlog-www を起動中:                                      [  OK  ]

サービスにアクセスできるようiptableを修正

# vi /etc/sysconfig/iptables
-A RH-Firewall-1-INPUT -p tcp -m state –state NEW -m tcp –dport 8969 -j ACCEPT

iptables再起動
# service iptables restart

http://www.example.com:8969/backlog/Setup.action へアクセス

とりあえず付けておく無駄ではなかったなまぁまぁ読めたちょっと役に立ったかなかなり良かったかも (まだ評価されていません)
Loading...
Trackback

2 comments untill now

  1. Shinichiro Aska @ 2010-05-07 05:57

    Linux/CGP作業メモ » nulab社backlog評価版のインストール – http://bit.ly/cBQ95l

  2. Linux/CGP作業メモ » nulab社backlog評価版のインストール – http://bit.ly/cBQ95l