CentOSにAbyss Web Server X1をインストール■Abyss Web Server X1のインストール

Abyss Web Server X1のダウンロード

  1. # cd ~/download/
  2. # wget http://www.aprelium.com/data/abwsx1.tgz

日本語ファイルのダウンロード

  1. # wget http://www.aprelium.com/abyssws/languages/a/jp.lng

展開

  1. # tar zxvfm abwsx1.tgz

日本語ファイルの配置

  1. # mv jp.lng abyssws/lang/

設置する場所に移動

  1. # mv abyssws /var/www

所有権を変更

  1. # cd /var/www/
  2. # chown -R root:root abyssws

サーバの起動(root権限のデーモンとして)

  1. # cd abyssws
  2. # ./abyssws -r -d

管理コンソールにアクセス
http://hostname:9999/
一般ユーザからのアクセス
http://hostname:8000/

管理コンソールにアクセスしたら日本語選択してスタート。

■AbyssWebServer X1のアドバンテージ
・GUIの管理コンソールのおかげで初心者にもわかりやすい
・日本語のランゲージファイルも用意されている
・AntiHackingシステムが標準装備
・帯域コントロール機能が標準装備
・軽量でパフォーマンスも良好
・取得するlogのコントロールができる
・RubyやPHPとも組み合わせて利用可能
・SSL対応
・無料で使える

■AbyssWebServer X1のディスアドバンテージ
・利用可能なホスト名はひとつ
・HTTPかHTTPSか択一
・WebDAVは使えない

高機能で有料なX2との詳細な比較は以下
http://www.aprelium.com/abyssws/summary.html

帯域制限ができるのと、AntiHackingシステムが最大の選択ポイント。
個人サーバにはとてもオススメ。

,
とりあえず付けておく無駄ではなかったなまぁまぁ読めたちょっと役に立ったかなかなり良かったかも (まだ評価されていません)
Loading...
Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.