SKIP1.1Apache経由接続設定SKIPを稼働させるサーバで既にApacheで別のコンテンツが提供されている状況で
SKIPもport80でアクセスさせたい時にする設定です。[CentOS5.3]

なぜかhttp://xxx.xxxx.com/skip/ というようなサブディレクトリ経由での設定が
うまく動作しないので、別途バーチャルホストを設定することになります。

設定にはapacheにmod_proxyが有効になっている必要があります。

http://localhost:3000/  でSKIPと全文検索が動いている前提です。
http://skip.yourdomain.com/  を新しいバーチャルホストのURLと仮定します。
/var/log/skip/ にログを記録することにします。

# mkdir /var/log/skip

apacheの設定
# vi /etc/httpd/conf.d/skip.conf

  1. <VirtualHost xxx.xxx.xxx.xxx:80>
  2. ServerName skip.yourdomain.com
  3. ServerAdmin root@localhost
  4. ErrorLog /var/log/skip/error_log
  5. CustomLog /var/log/skip/access_log combined
  6.  
  7.  ProxyRequests Off
  8.  <Proxy *>
  9.  Order deny,allow
  10.  Allow from all
  11.  </Proxy>
  12.  
  13.  ProxyPass / http://localhost:3000/
  14.  
  15. </VirtualHost>

SKIPの設定変更
# vi /var/skip_root/config/initial_settings.yml

host_and_port: skip.yourdomain.com

lighttpdを再起動
# cd /var/skip_root/
# kill `cat tmp/pids/lighttpd.pid`
# ruby script/server lighttpd &

apacheを再起動
# apachectl graceful

,
とりあえず付けておく無駄ではなかったなまぁまぁ読めたちょっと役に立ったかなかなり良かったかも (まだ評価されていません)
Loading...
Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.