Debian環境でmuninによるCommuniGate ProとDisk状況監視動作プロセスの状況やディスクについて更に詳細なデータを取得する設定手順

iostatが入っているか確認
# updatedb
# locate iostat

以下があればOK
/usr/bin/iostat

なければsysstatインストール
# apt-get install sysstat

監視ツールmuninインストール
# apt-get install munin munin-node

 プラグインの位置
 /etc/munin/plugins

 ノード再起動コマンド
 /etc/init.d/munin-node restart

muninはインストールした時点でDebianでは標準設定で動作。
http://hostname/munin/
でグラフが表示される。

この時点でiostat等いくらか必要なものは導入されグラフも見えるはずですが、より詳細な情報を得るため設定を追加します。

http://muninexchange.projects.linpro.no/
から必要なプラグイン以下の4つをダウンロード
 ・cpuload_
 ・multips
 ・cpubyuser
 ・linux_diskstat_

scpやftpなどで/etc/munin/pluginsに配置

プラグインを実行可能にします
# cd /etc/munin/plugins
# chmod 777 *

追加するプラグイン1「cpuload_」
プロセス毎のCPU負荷を表示します

 設定方法
 cpuload_[process]

 prosessはsshd,CGServerなどpsコマンド等で表示されるプロセス名
 今回はCommuniGate Proとclamdを監視する設定を追加します

 プラグインを複製し名前を変更します
 # cp cpuload_ cpuload_clamd
 # mv cpuload_ cpuload_CGServer

 必要な設定を追記します
 # vi /etc/munin/plugin-conf.d/munin-node

 以下の4行を書き込みます
 [cpuload_CGServer]
 env.process CGServer

 [cpuload_clamd]
 env.process clamd

追加するプラグイン2「multips」
プロセスの数を監視します

 設定方法
 # vi /etc/munin/plugin-conf.d/munin-node

 [multips]
 env.multipsnames clamd CGServer

追加するプラグイン3「cpubyuser」
ユーザ毎のCPU利用状況を監視します
通常CoomuniGate Proはroot権限で動作しているのですが、CommuniGate Proをrootでなく動作させる場合は有効です。(OSXなどではroot権限でなく動作させるのが容易です)

 設定方法例
 # vi /etc/munin/plugin-conf.d/munin-node

 [cpubyuser]
 env.USERS root clamav nobody

追加するプラグイン4「linux_diskstat_」
ディスクの動作状況を詳細に取得します

 設定方法
 linux_diskstat_[mode]_[device]

 [mode] = iops,throughput,latency

 deviceは # cat /proc/diskstats 内にある名前

 まず必要な情報を調べます。
 # cat /proc/diskstats が読めるか確認します

 # ls /sys/block を確認します
 sda hdaなどディスクの名前が並びますので、監視したいデバイスを選びます
 以下はsda1を監視する設定です

 diskstat設定が有効か調べる
 # cd /etc/munin/plugins
 # perl linux_diskstat_ autoconf
 yesと出ればOK noなら設定できない可能性があります

 標準で利用可能な設定を調べる
 # perl linux_diskstat_ suggest
 latency_sda1
 throughput_sda1
 iops_sda1

 該当の表示があればファイルを作成します
 # cp linux_diskstat_ linux_diskstat_latency_sda1
 # cp linux_diskstat_ linux_diskstat_throughput_sda1
 # cp linux_diskstat_ linux_diskstat_iops_sda1

 該当script用config
 # perl linux_diskstat_latency_sda1 config
 # perl linux_diskstat_throughput_sda1
 # perl linux_diskstat_iops_sda1

ここまで行ったらmunin-nodeを再起動して設定を反映します

# /etc/init.d/munin-node restart

これで必要な情報が取得されるはずです。
http://hostname/munin/
を適宜リロードして確認します。

エラーが発生している場合には以下にログが出るのでチェックします。
# tail -f /var/log/munin/munin-node.log

標準で入っている不要なプラグインは
/etc/munin/plugins
以下のシンボリックリンクを削除することで無効にします。


関連性の高い記事 by Simple Tags :

, ,
とりあえず付けておく無駄ではなかったなまぁまぁ読めたちょっと役に立ったかなかなり良かったかも (まだ評価されていません)
Loading...
Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.