CentOS6.2環境に最新のphp5.3.10を導入するメモ■CentOS6.2環境に最新のphp5.3.10を導入するメモ
 CentOS6.2環境に最新のphpを導入するため試行錯誤したメモ。導入するリポジトリはIUS Community Projectのもの。同ProjectはPHP,MySQLの最新版をRH6系ディストリビューション向けに提供することを目的としている。現在本家のドキュメントと導入方法が結構異なっているのでメモしておく。

■IUSリポジトリの導入
 リポジトリインストール用のrpmパッケージが用意されていないので以下の手順で導入する。RH5系と違ってepelは必須になっていない模様。

  1. # vi /etc/yum.repos.d/ius.repo
  2. [ius]
  3. name=IUS Community Packages for Enterprise Linux 6 - $basearch
  4. #baseurl=http://dl.iuscommunity.org/pub/ius/stable/Redhat/6/$basearch
  5. mirrorlist=http://dmirr.iuscommunity.org/mirrorlist?repo=ius-el6&arch=$basearch
  6. failovermethod=priority
  7. enabled=1
  8. gpgcheck=1
  9. gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/IUS-COMMUNITY-GPG-KEY
  10.  
  11. # cd /etc/pki/rpm-gpg/
  12. # wget http://dl.iuscommunity.org/pub/ius/IUS-COMMUNITY-GPG-KEY
  13.  
  14. # yum update

■phpの入替え
 yumのreplaceプラグインを利用して一気に入替えを行う。

  1. # yum install yum-plugin-replace
  2. # yum replace php --replace-with php53u

これでphp5.3.10にリプレースされる。
インストール可能なrpmパッケージの一覧はここから参照可能。
http://dl.iuscommunity.org/pub/ius/stable/Redhat/6/


関連性の高い記事 by Simple Tags :

, , , ,
とりあえず付けておく無駄ではなかったなまぁまぁ読めたちょっと役に立ったかなかなり良かったかも (1 投票, 平均値/最大値: 3.00 / 5)
Loading...
Trackback

3 comments untill now

  1. CentOS6.2環境に最新のphp5.3.10を導入するメモ http://t.co/kuteMbGA #centos #php #ius

  2. CentOS6.2環境に最新のphp5.3.10を導入するメモ http://t.co/3DjK31oj

  3. CentOS6.2環境に最新のphp5.3.10を導入するメモ http://t.co/YKDK20wT