CommuniGate Proの稼働状況をmuninで監視する■CommuniGate Proの稼働状況をmuninで監視する
 CommuniGate Proの稼働状態をmuninで監視するためのメモ。前記事の続き。CommuniGate Proでのsnmp取得設定ができていることを前提とする。

■サーバ設定
 snmpwalkを使用可能にする
 # yum install net-snmp-utils
 CGPから値が取得できることを確認する
 # snmpwalk -v 2c -c password servername .1.3.6.1.4.1.5678.2

■script作成から設置まで
 サンプルとしてCGPのスレッド数を取得するscriptを作成する
 # cd /usr/share/munin/plugins/
 以下のscriptを作成
 # vi cgp_threads

  1. #!/bin/sh
  2.  
  3. if [ "$1" = "autoconf" ]; then
  4.         if [ -x /usr/bin/snmpwalk ]; then
  5.                 echo yes
  6.                 exit 0
  7.         else
  8.                 echo no
  9.                 exit 1
  10.         fi
  11. fi
  12.  
  13. if [ "$1" = "config" ]; then
  14.  
  15.         # THREADWARNING=200
  16.  
  17.         echo 'graph_title CGP Active Threads'
  18.         echo "graph_args -l 0"
  19.         echo 'graph_vlabel CGP Active Threads'
  20.         echo 'graph_info This graph shows CGP Active Threads'
  21.         echo 'graph_category CGP'
  22.  
  23.         echo 'threads.label CGP Active Threads'
  24.         echo 'threads.draw LINE2'
  25.         echo "threads.warning $THREADWARNING"
  26.         echo "threads.info CGP Active Threads"
  27.  
  28.         exit 0
  29. fi
  30.  
  31.         echo -n "threads.value "
  32.         snmpwalk -v 2c -c password servername 1.3.6.1.4.1.5678.2.100.20 | awk '{ print $4 }'

 実行権を付与する
 # chmod +x cgp_threads
 値が取得できるか確認する
 # munin-run -servicedir /usr/share/munin/plugins/ cgp_threads
 値が取得できれば実行できるよう設定する
 # cd /etc/munin/plugins/
 # ln -s /usr/share/munin/plugins/cgp_threads cgp_threads

これで後はグラフが更新されるのを待てばよい。


関連性の高い記事 by Simple Tags :

, , , ,
とりあえず付けておく無駄ではなかったなまぁまぁ読めたちょっと役に立ったかなかなり良かったかも (まだ評価されていません)
Loading...
Trackback

only 1 comment untill now

  1. CommuniGate Proの稼働状況をmuninで監視する http://t.co/cOhL7Bug #communigatepro #cgp #munin #snmp