RH5.8にmunin-nodeを無理やり導入したメモ■RH5.8にmunin-nodeを無理やり導入したメモ
 RH5.8のサブスクリプション無しのテスト環境に無理やりmunin-nodeを追加したメモ。RHはインストール時にサブスクリプション番号を入力しないと、yum等でアップデートができないためパッケージ導入等もままならないのだが、とりあえずテストでとある数値を取るためだけにサブスクリプションを消費できなかったので、無理やりインストール可能か試してみた。VirtualboxのVMにRH5.8をインストールしたものに以下の手順で導入。一応munin-nodeは動作して、一部数値が取れないプラグインもあったものの、およそ必要そうなものは数値が取れることが確認できたので目的は完了。VMは破棄。

■手順
1)epelリポジトリ導入

  1. # wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Fedora/epel/5Server/x86_64/epel-release-5-4.noarch.rpm
  2. # rpm -ivh epel-release-5-4.noarch.rpm
  3. # yum update

2)CentOSのディレクトリから不足分を調達

  1. # wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/CentOS/5.8/os/x86_64/CentOS/sysstat-7.0.2-11.el5.x86_64.rpm
  2. # rpm -ivh sysstat-7.0.2-11.el5.x86_64.rpm
  3. # wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/CentOS/5.8/os/x86_64/CentOS/perl-DBI-1.52-2.el5.x86_64.rpm
  4. # rpm -ivh perl-DBI-1.52-2.el5.x86_64.rpm
  5. # wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/CentOS/5.8/os/x86_64/CentOS/perl-Digest-SHA1-2.11-1.2.1.x86_64.rpm
  6. # rpm -ivh perl-Digest-SHA1-2.11-1.2.1.x86_64.rpm
  7. # wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/CentOS/5.8/os/x86_64/CentOS/perl-Digest-HMAC-1.01-15.noarch.rpm
  8. # rpm -ivh perl-Digest-HMAC-1.01-15.noarch.rpm

3)munin-nodeをインストール

  1. # yum install munin-node


関連性の高い記事 by Simple Tags :

, ,
とりあえず付けておく無駄ではなかったなまぁまぁ読めたちょっと役に立ったかなかなり良かったかも (まだ評価されていません)
Loading...
Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.