OpenPNE3のインストールOpenPNE3のインストールガイド
http://www.openpne.jp/openpne3_setup_guide/

php5.2.3以上が動作条件になっているので以下の手順をphp関連の処理前に行う(Xcacheの前に必ず)

  1. # rpm –import http://www.jasonlitka.com/media/RPM-GPG-KEY-jlitka
  2.  
  3. # vi /etc/yum.repos.d/utterramblings.repo
  4. [utterramblings]
  5. name=Jason’s Utter Ramblings Repo
  6. baseurl=http://www.jasonlitka.com/media/EL$releasever/$basearch/
  7. enabled=1
  8. gpgcheck=1
  9. gpgkey=http://www.jasonlitka.com/media/RPM-GPG-KEY-jlitka
  10.  
  11. # yum update php

これでphp5.2.6になる。

php関連ツールをインストール後、
enabled=1 を enabled=0 に修正しておくこと。

phpメモリ制限を拡張しておく。
/etc/php.ini の memory_limit = 32M を memory_limit = 128M に。

config/ProjectConfiguration.class.phpを環境に合わせて設定。

/var/www/OpenPNE3/に配置する場合
require_once ‘##SYMFONY_LIB_DIR##/autoload/sfCoreAutoload.class.php’;
これを
require_once ‘/var/www/OpenPNE3/lib/sympony/autoload/sfCoreAutoload.class.php’;
とする。

それから ./symfony openpne:install を叩くこと。

とりあえず付けておく無駄ではなかったなまぁまぁ読めたちょっと役に立ったかなかなり良かったかも (まだ評価されていません)
Loading...
Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.