■Softbank 001HT (Android2.3.3)の動画再生検証メモ
 本日はGalaxyTabに続いて001HT Desire HDもGingerBreadアップデートを実行。001HT自体のアップデート改善報告はあちこちで出ると思うので割愛。ここではGalaxyTabのDLNA動画再生が改善されていたので、001HTにも期待を持って実験。mp4関連は明確に改善されていたのでメモ。aviは再生できなくなったパターンが発生。比較のための前回の検証はこちら。

■動画再生試験
 いつものようにファイルは同じ。DLNAサーバもMacOSX上のPlayback1.7.3。再生アプリはローカル/DLNA共にギャラリーアプリから標準ビデオプレイヤー。

ファイル:
  A) AVI DivX502 mp3 640×480.avi
  B) AVI H264 mp3 640×480.avi
  C) AVI Xvid Mp3 640×480.avi
  D) MKV 1280×720 x264 AAC.mkv
  E) MKV 1280×720 x264 AC3.mkv
  F) MP4 w BP3 480×270 H264 AAC.mp4
  G) MP4 w BP3.1 640×480 H264 AAC.mp4
  H) MP4 w BP3.1 1280×720 H264 AAC.mp4
  I) MP4 w BP3.1 1920×1080 H264 AAC.mp4
  J) MP4 w MP3.1 1280×720 H264 AAC.mp4
  K) MP4 w HP3 640×480 H264 AAC.mp4
  L) MP4 w HP3.1 1280×720 AAC.mp4
  M) MP4 w HP4 1920×1080 H264 AAC.mp4
  N) WMV 24fps 640×480.wmv
  O) WMV 60fps 640×480.wmv
 ※mp4の略号 BP=Baseline Profile MP=Main Profile HP= High Profile 数字はLevel

MicroSDでのローカル再生
 A映像速い B,M再生不可 I 音のみ再生 D,Eリストされず

DLNA再生
 A,I,O 音のみ B,M不可 N 一部コマ落ち D,Eリストされず

 ローカルでは以前あった一部720pのmp4が再生できなかった問題が解消。720pまでのmp4はほぼ問題なく再生できるようになった。一方、一部aviで再生に支障が出ておりサポートされるフォーマットが減ったのかもしれない。mkvも相変わらず無視されたまま。DLNA経由では明確に改善が見られ、mp4しか再生できなかった状況から、多少の難はあるもののローカル再生と同程度のavi/wmvの再生が期待できるようになった。今回mp4においてはWebOptimizedでないファイルも720pまでなら再生が可能になっていることも確認できた。しかしながらWebOptimizedされていない場合再生が明らかにカクついて大きくコマ落ちしている様子がわかるなど問題も多くあまり実用的とは言えない。

 ともかくAndroid2.3.3にアップデートされたことで、個人的にはmp4の対応が改善されたことが嬉しい。GalaxyTabには及ばないものの720pでも十分実用的な動画プレイヤーとして使えるようになった。こうした改善が実感できるのがAndroidの楽しいところかもしれない。ますます実用度が上がって使用頻度が高くなりそう。

, , ,
とりあえず付けておく無駄ではなかったなまぁまぁ読めたちょっと役に立ったかなかなり良かったかも (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...

CommuniGate ProにStartSSLの証明書を複数使うメモ

■CommuniGate ProにStartSSLの証明書を複数使うメモ
 さっと覚書程度。無償SSL証明書の入手 【5/11追記】 で追記したのは、こちらの確認をしていたため。最後にTLS接続のブラウザ挙動の試験結果も軽く記載。

■試験前提
 ドメイン:example.com
 サーバ名:mail.example.com
 a) user01はuser01@mail.example.comとuser01@example.comの両方を受信可能にする
 b) user02はuser02@sub.example.comで利用する
 c) user01はsub.example.comでは受信しない
 d) user02はmail.example.comでもexample.comでも受信しない
 e) CommuniGate Proで利用するプロトコルは以下
  SMTP/SMTPS/POP/POPS/IMAP/IMAPS/HTTP/HTTPS
 f) example.com, mail.example.com, sub.example.comのIPアドレスは同一

■CommuniGate Proの設定
 ここでは過去にCentOS5向けに高パフォーマンス環境のインストール記事があるので、そのリンクを紹介しておく。こちらの記事のプロセス1〜6までがおよそのインストール手順となる。

 カスタム版MyNETSとCentOS5で1万人規模のSNSを構築する
 http://blog.isnext.net/issy/archives/384

 ここではCommuniGate Proの管理画面で

  1.   Mail Domain Name : mail.example.com
  2.   Langage : Japanese
  3.   Preferred Charactor Set : UTF8
  4.   Time Zone : (+0900) Japan_Koria
  5.   interface : expert

 としてスタートする

1)user01の設定を行う
 管理画面>アカウント>ドメイン>mail.example.com>オブジェクトにて
 アカウント作成 に user01 と入力してアカウント作成ボタンを押す
 管理画面>アカウント>ドメイン>mail.example.com>ドメイン設定にて
 画面一番下、ドメインエイリアスに example.com と入力して更新ボタン

2)user02の設定を行う
 管理画面>アカウント>ドメインにて
 ドメインを作成 に sub.example.com と入力してドメインを作成ボタンを押す
 一覧に作成されたsub.example.comのリンクをクリック
 アカウント作成 に user02 と入力してアカウント作成ボタンを押す

 ここまででa-dの条件は完了

■SSL証明書をインストールする
 StartSSLの証明書に関してはこちら参照。ここでは別途作成済みの秘密鍵と証明書をインストールする手順を紹介。

3)mail.example.comの証明書をインストール
 管理画面>アカウント>ドメイン>mail.example.com>セキュリティ>SSL/TLSにて
 鍵のサイズでインポートを選択して、鍵の生成ボタンを押す
 カスタムPEM符号化鍵の入力の入力フィールドが表示される
 そこにmail.example.comの秘密鍵をペーストして鍵の生成ボタンを押す
 PEM符号化証明書の入力フィールドが表示される
 そこにmail.example.comの証明書をペーストして証明書の組み込みボタンを押す
 StartSSLから中間証明sub.class1.server.ca.pemを取得する
 認証局チェーン (オプション)にsub.class1.server.ca.pemの値をペーストして
 認証チェーンの組み込みボタンを押す
 StartSSLのCA証明はCommuniGate Pro標準で組み込み済みなので不要
 最後にSSL/TLSタブ下のPKIサービスをオンにする

 StartSSLの証明書はドメインのみ+指定ホスト名の2つのURLを証明してくれるので、これでexample.comとmail.example.comの2つ分の証明書が組み込まれたことになる。

4)sub.example.comの証明書をインストール(3とほぼ同じ)
 管理画面>アカウント>ドメイン>sub.example.com>セキュリティ>SSL/TLSにて
 鍵のサイズでインポートを選択して、鍵の生成ボタンを押す
 カスタムPEM符号化鍵の入力の入力フィールドが表示される
 そこにsub.example.comの秘密鍵をペーストして鍵の生成ボタンを押す
 PEM符号化証明書の入力フィールドが表示される
 そこにsub.example.comの証明書をペーストして証明書の組み込みボタンを押す
 認証局チェーン (オプション)にsub.class1.server.ca.pemの値をペーストして
 認証チェーンの組み込みボタンを押す
 最後にSSL/TLSタブ下のPKIサービスをオンにする

 これでsub.example.comの証明書も組み込み完了。

5)ユーザがアクセスするHTTPポートを変更する
 管理画面>設定>サービス>HTTPUから画面右側のリスナーのリンクをクリック
 以下の設定を追加して更新ボタンを押す(1行1回)
  80, 全てのアドレス, オフ, なし
  443, 全てのアドレス, オン, なし

 これでHTTP:80とHTTPS:443でユーザがサーバにアクセスできるようになる。証明書の組み込み手順はここまで。

■ブラウザ毎のTLSの動作結果
 CommuniGate ProサーバにHTTPSでアクセスした場合に、TLS1.0の接続が正しく行われて同一IPでmail.example.comとsub.example.comの証明書が適切に選択されるブラウザはGoogle Chrome11とFireFox4だけで、IE8やSafari5はメインドメインになっているmail.example.comの証明書が優先的に適用され、sub.example.comにアクセスした場合証明書が正しくない旨のダイアログが表示されてしまう。ブラウザの仕様によって動作に差があることが確認できた。
 CommuniGate Pro本体で複数の証明書を取り扱う場合には上記に配慮し、ブラウザの選択に注意する必要がある。

…5ユーザまで無償のCommuniGate Proと無償のStartSSL証明書の組み合わせって個人で運用できる最強にセキュアなメッセージングサーバになるんじゃないかという気がする。

, ,
とりあえず付けておく無駄ではなかったなまぁまぁ読めたちょっと役に立ったかなかなり良かったかも (まだ評価されていません)
Loading...

■GalaxyTab(P1000)をAndroid2.3.3にアップデートしたメモ
 GalaxyTabのUK版P1000用にAndroid2.3.3の公式ROMがリリースされたということで、早速P1000XXJQ1(p1000xxjq1 p1000xxjq1 p1000xxjpz)をXDAのこちらを参考にしてアップデートしてみた。注意する点はdbdata.zipの当て方くらい。再起動後連続してダウンロードモード(Vol.Down+電源)に入ることと、dbdata書き込み後再起動で更に連続してリカバリモード(Vol.Up+電源)に入ること。うまくいかないと起動時に/dbdataの初期化でエラーを吐いて起動画面が出てもSAMSUNGロゴが点滅したまま起動しないようになる。

■気付いたこと
・Android 2.3.3、カーネル2.6.35.7 se.infra@SEP-52 #2
・ベースバンド P1000XXJPZ、ビルド番号 GINGERBREAD.XXJQ1
・起動音が変わった!
・当然日本語ロケール対応無し
・More Locate2で日本語化しても設定アプリ等はこれまで通り英語(まぁ当然)
・相変わらずのCJKフォント
・動作全体にキビキビ感が向上している
・特にブラウザの操作感やスクロール反応が向上している
・Quadrantのスコアは1003〜1017
・Android2.3系なのにIP電話設定は無し(SAMSUNG独自の電話アプリだからか…)
・Videoアプリの動画のリスト表示速度が向上、再生もスムーズな印象
・All ShareがアップデートされてPlaybackサーバの動画再生が可能に!(詳細後述)
・Samsung Appsが起動すると即アップデートするが不明アプリを許可しないといけない
・Sumsung Appsが日本語対応になってる(前違ったような?)
・Digital Frameとか以前日本語ロケールで起動すらできなかったアプリが軒並み利用可能に
・カメラのシャッター速度ちょっと遅くなったような…
・とりあえずLagFixは不要そう

■All Share でのDLNA動画再生試験
 とりあえずMacOSX上のPlayback 1.7.3での確認。動画ファイルは以下。

 ファイル:
  A) AVI DivX502 mp3 640×480.avi
  B) AVI H264 mp3 640×480.avi
  C) AVI Xvid Mp3 640×480.avi
  D) MKV 1280×720 x264 AAC.mkv
  E) MKV 1280×720 x264 AC3.mkv
  F) MP4 w BP3 480×270 H264 AAC.mp4
  G) MP4 w BP3.1 640×480 H264 AAC.mp4
  H) MP4 w BP3.1 1280×720 H264 AAC.mp4
  I) MP4 w BP3.1 1920×1080 H264 AAC.mp4
  J) MP4 w MP3.1 1280×720 H264 AAC.mp4
  K) MP4 w HP3 640×480 H264 AAC.mp4
  L) MP4 w HP3.1 1280×720 AAC.mp4
  M) MP4 w HP4 1920×1080 H264 AAC.mp4
  N) WMV 24fps 640×480.wmv
  O) WMV 60fps 640×480.wmv
 ※mp4の略号 BP=Baseline Profile MP=Main Profile HP= High Profile 数字はLevel

 今回はAll Share +標準プレイヤー(Video)の組み合わせでD,Eを除く全てが再生可能だった。mp4はWeb Optimizedなファイルでなくても再生可能。ただし残念ながらDLNA経由で再生した場合アスペクト比変更が(アイコン操作はできるのに)機能せず、全て全画面再生となってしまうため、4:3のコンテンツは微妙。MicroSDに入れてローカル再生させると全て再生可能かつアスペクト比変更も可能、音ズレ等も無しという感じなので、動画プレイヤーとしては最強と思われる。

■所感
 GalaxyTabにおいては2.3.3はレスポンスや機能面において大きな変更というよりは、確実な性能向上安定性向上という印象。非常にオススメできると思う。そろそろ海外ROMでも標準でDroidSansJapanese.ttfをちゃんと入れるようになって欲しいなぁとは思うものの、とりあえず英語メニューでもあまり困ることはないので、このまま常用の予定。

, , ,
とりあえず付けておく無駄ではなかったなまぁまぁ読めたちょっと役に立ったかなかなり良かったかも (まだ評価されていません)
Loading...