■せん茶SNS 1.0.1へのバージョンアップ手順
 早速不具合修正のバージョンアップが提供されたのでアップデートした手順。様子見ながらなので手順としてはイマイチw 修正内容はせん茶SNS公式ページで確認のこと。差分ダウンロードも同様。やることはシンプルで3つだけ。公式手順はこちら

1)SQLのアップデート
2)ソース上書き
3)キャッシュの削除

■手順
・予めダウンロードしたsencha-sns-1.0.1-diff.zipをサーバにscp等で転送しておく
 # unzip sencha-sns-1.0.1-diff.zip
 # cd sencha-sns-1.0.1-diff

・データベースアップデート
 # less sql/Alter.sql (コマンドの確認、今回は1行のみ)
 # mysql -u root -p
 >mysql use sencha
 >mysql ALTER TABLE `T_NOTICE` ADD `CMT_ID` INT( 4 ) NULL AFTER `TML_ID` ;
 >mysql quit

・ソース上書き(今回はファイル数少ないのでファイル確認しながら)
 # cp -R src/app /var/www/html/sns/

 キャッシュの削除
 # cd /var/www/html/sns/app/tmp/cache/models/
 # rm -rf cake_model_default_*

いくつかの機能修正を確認。この調子でどんどん改善されていくことを期待。
ちょこっとしたカスタマイズが一部書き戻しされたからマージしないと…orz

 インストールの記事はこちら
 せん茶SNSをインストールしたメモ
 http://blog.isnext.net/issy/archives/1932


関連性の高い記事 by Simple Tags :

, , , ,
とりあえず付けておく無駄ではなかったなまぁまぁ読めたちょっと役に立ったかなかなり良かったかも (まだ評価されていません)
Loading...

■せん茶SNSをインストールしたメモ
 OSSの新しいSNSプログラム せん茶SNSがダウンロード可能になったのでインストールしたメモ。ほぼサイトの手順通りなのであまり問題ない。できることもほぼデモ版と同じ。管理項目がかなり少ないのがちょっと不安げw 以下やった手順をメモ。

 せん茶SNS
 http://oss.icz.co.jp/sns/

・HPのダウンロードリンクより個人情報登録してダウンロード
・設置するサーバにzipファイルを送信
・以下の手順で作業(http://www.example.com/sns/でアクセスできるようにする)
 .htaccessは有効になっていること

# cd ~/download
# unzip sencha-sns-1.0.0.zip
# mv sencha-sns-1.0.0 /var/www/html/sns
# vi app/config/core.php
208行目:Security.salt 修正
212行目:Security.cipherSeed 修正
# chmod -R 0777 app/tmp
# chmod -R 0777 app/config
# chmod -R 0777 app/files

# mysql -u root -p
mysql> grant all privileges on sencha.* to sencha@localhost identified by ‘senchapassword’ WITH GRANT OPTION;
mysql> CREATE DATABASE `sencha` DEFAULT CHARACTER SET utf8 ;
mysql> quit

・ここまでできたらブラウザで以下のURLにアクセス
 http://www.example.com/sns/
・GUIの指示に従ってデータベースと初期ユーザ設定を行う
・設定が完了したら登録した初期ユーザでログインする 簡単!

とりあえず、これからカスタマイズなどどこで何かできるか確認していく予定。

 不具合修正のアップデートきてます
 せん茶SNS 1.0.1へのバージョンアップ手順
 http://blog.isnext.net/issy/archives/2015


関連性の高い記事 by Simple Tags :

, , , ,
とりあえず付けておく無駄ではなかったなまぁまぁ読めたちょっと役に立ったかなかなり良かったかも (まだ評価されていません)
Loading...

■muninでグラフが作成されない時の対処メモ
 cpubyuserのグラフがうまく作成されていなかったので調べて対処した時のメモ。

・グラフの作成ログをチェック
 # tail -200 /var/log/munin/munin-graph.log
 以下のエラーを確認

  1. [RRD ERROR] Unable to graph /var/www/html/munin/localhost/localhost/cpubyuser-month.png : opening '/var/lib/munin/--g.rrd': No such file or directory
  2. [RRD ERROR] Unable to graph /var/www/html/munin/localhost/localhost/cpubyuser-week.png : opening '/var/lib/munin/--g.rrd': No such file or directory
  3. [RRD ERROR] Unable to graph /var/www/html/munin/localhost/localhost/cpubyuser-day.png : opening '/var/lib/munin/--g.rrd': No such file or directory
  4. [RRD ERROR] Unable to graph /var/www/html/munin/localhost/localhost/cpubyuser-year.png : opening '/var/lib/munin/--g.rrd': No such file or directory

・以下のページを参考に該当箇所を修正
 http://munin-monitoring.org/ticket/794
 http://munin-monitoring.org/attachment/ticket/794/diff

 # vi /usr/lib/perl5/vendor_perl/5.8.8/Munin/Master/HTMLOld.pm
 # vi /usr/lib/perl5/vendor_perl/5.8.8/Munin/Master/LimitsOld.pm
 # vi /usr/lib/perl5/vendor_perl/5.8.8/Munin/Master/Utils.pm

 これで問題なくグラフが作成されるようになった。


関連性の高い記事 by Simple Tags :

,
とりあえず付けておく無駄ではなかったなまぁまぁ読めたちょっと役に立ったかなかなり良かったかも (まだ評価されていません)
Loading...

■CPUとHDDをmuninで監視する設定メモ
 稼働中のマシンのCPU温度やHDDの状況をmuninで監視する設定のメモ。

■CPU温度の監視
 事前にlm_sensors設定を行っていること

・有効な設定の確認をする
 # /usr/share/munin/plugins/sensors_ suggest

・temp設定を追加する
 # cd /etc/munin/plugins/
 # ln -s /usr/share/munin/plugins/sensors_ sensors_temp

・動作確認
 # /usr/sbin/munin-run -servicedir /etc/munin/plugins sensors_temp

・設定を有効にする
 # service munin-node restart

■HDDの温度及びSMARTデータの監視
 HDDがSMART対応の必要があるので注意

・温度監視を追加
 # cd /etc/munin/plugins/
 # ln -s /usr/share/munin/plugins/hddtemp_smartctl hddtemp_smartctl

・SMARTデータの監視追加
 # ln -s /usr/share/munin/plugins/smart_ smart_sda

・設定ファイルを作成して設定追加
 # vi /etc/munin/plugin-conf.d/hddtemp_smartctl
 以下を追記
 env.drives sda
 env.type_sda ata

 # vi /etc/munin/plugin-conf.d/smart_
 以下を追記
 [smart_*]
 user root
 
 [smart_sda]
 env.smartargs -d ata

・動作確認
 # /usr/sbin/munin-run -servicedir /etc/munin/plugins hddtemp_smartctl
 # /usr/sbin/munin-run -servicedir /etc/munin/plugins smart_sda
 以下のエラーが出た場合には修正をする

  Traceback (most recent call last):
   File “/etc/munin/plugins/smart_sda”, line 398, in ?
   exit(0)
  TypeError: ‘str’ object is not callable

 398行目の exit(0) → sys.exit(0) に修正

・設定を有効にする
 # service munin-node restart


関連性の高い記事 by Simple Tags :

,
とりあえず付けておく無駄ではなかったなまぁまぁ読めたちょっと役に立ったかなかなり良かったかも (まだ評価されていません)
Loading...

mysqlの障害を監視する各種設定メモ
 mysqlが過負荷になる現象が確認されたので、障害対応と監視を強化するために行った作業のメモ。

■muninによる監視の追加
・muninは導入済みの想定
 /usr/share/munin/plugins/mysql_ を利用する

・基本監視可能項目のリスト 出力された項目が設定可能
 # /usr/share/munin/plugins/mysql_ suggest
 Cache::Cacheのエラーが出る場合は以下を実行
 # yum install perl-Cache-Cache

・基本監視項目を設定
 # cd /etc/munin/plugins
 # ln -s /usr/share/munin/plugins/mysql_ mysql_commands
 # ln -s /usr/share/munin/plugins/mysql_ mysql_connections
 # ln -s /usr/share/munin/plugins/mysql_ mysql_slow
 # ln -s /usr/share/munin/plugins/mysql_ mysql_myisam_indexes
 # ln -s /usr/share/munin/plugins/mysql_ mysql_network_traffic
 # ln -s /usr/share/munin/plugins/mysql_ mysql_qcache
 # ln -s /usr/share/munin/plugins/mysql_ mysql_qcache_mem

・設定の追加
 # vi /etc/munin/plugin-conf.d/munin-node
 以下を追記
 [mysql_*]
 env.mysqlconnection DBI:mysql:mysql;host=127.0.0.1;port=3306
 env.mysqluser root
 env.mysqlpassword password

・データ取得できているか動作確認する
 # /usr/sbin/munin-run -servicedir /etc/munin/plugins mysql_commands
 # /usr/sbin/munin-run -servicedir /etc/munin/plugins mysql_connections
 # /usr/sbin/munin-run -servicedir /etc/munin/plugins mysql_slow
 # /usr/sbin/munin-run -servicedir /etc/munin/plugins mysql_myisam_indexes
 # /usr/sbin/munin-run -servicedir /etc/munin/plugins mysql_network_traffic
 # /usr/sbin/munin-run -servicedir /etc/munin/plugins mysql_qcache
 # /usr/sbin/munin-run -servicedir /etc/munin/plugins mysql_qcache_mem

・設定を有効にする
 # service munin-node restart

■mysqlに障害対応用ログ取得設定を追記
・slowログとバイナリーログを7日分出力する
 # vi /etc/my.cnf
 log-slow-queries=/var/log/mysql/slow.log
 long_query_time=3
 log-bin = /var/log/mysql/mysql-bin
 set-variable = expire_logs_days=7

・保存場所を作成してmysqlを再起動
 # mkdir /var/log/mysql
 # chown -R mysql:mysql /var/log/mysql
 # service mysqld restart

■稼働中のmysqlの状態把握ができるようにする
・mytopをインストールする
 # yum install mytop

・設定ファイルを作成する
 # vi ~/.mytop
 以下の内容を設定に合わせて記入
 user=root
 pass=password
 host=localhost
 db=mysqldbname
 delay=3
 port=3306
 socket=
 batchmode=0
 header=1
 color=1
 idle=1

・mytopを実行する
 # mytop
 終了時はqキー

・innotopをインストールする
 # yum install innotop

・innotopを起動する
 # innotop
 画面の指示に従い設定を入力する
 ヘルプは?、終了はqキー

・innotopの設定を編集する
 # vi ~/.innotop/innotop.ini
 connectionsの設定を編集
 mysqldbname=user=root pass=password have_user= have_pass=
  dsn=DBI:mysql:;host=localhost;port=3306 savepass= dl_table=

■プロセス監視ツールを追加する
・atopをインストールする
 # yum install atop
 実行は以下
 # atop
 異常値を色で示してくれるのでわかりやすい

■プロセスの状況を監視する設定をmuninに追加する
・user単位の使用状況を確認可能なmuninプラグインcpubyuserを設定する
 http://exchange.munin-monitoring.org/plugins/cpubyuser/details
 # cd /usr/share/munin/plugins/
 # wget http://exchange.munin-monitoring.org/plugins/cpubyuser/version/1/download
 # mv download cpubyuser

・cpubyuserの設定を追加
 # vi /etc/munin/plugin-conf.d/munin-node
 以下監視したいuser名を追記
 [cpubyuser]
 env.USERS root postfix mysql apache munin munin-node

・process単位の使用状況を確認可能なmuninプラグインcpu_by_processを設定する
 http://exchange.munin-monitoring.org/plugins/cpu_by_process/details
 # wget http://exchange.munin-monitoring.org/plugins/cpu_by_process/version/1/download
 # mv download cpu_by_process

・cpu_by_processの設定を追加
 # vi /etc/munin/plugin-conf.d/munin-node
 以下を追記
 [cpu_by_process]
 user root

・プラグインを有効にする
 # cd /etc/munin/plugins
 # ln -s /usr/share/munin/plugins/cpubyuser cpubyuser
 # ln -s /usr/share/munin/plugins/cpu_by_process cpu_by_process

・データ取得できているか動作確認する
 # /usr/sbin/munin-run -servicedir /etc/munin/plugins cpubyuser
 # /usr/sbin/munin-run -servicedir /etc/munin/plugins cpu_by_process

・設定を有効にする
 # service munin-node restart


関連性の高い記事 by Simple Tags :

, ,
とりあえず付けておく無駄ではなかったなまぁまぁ読めたちょっと役に立ったかなかなり良かったかも (まだ評価されていません)
Loading...

■Scientific Linux 5.7でmysqld複数起動設定
 基本はCentOS5系と同じなのだが、省略できない手順がありそのままではmysqld_multiが起動できなかったため、改めて書いておく。CentOSよりも自動で処理してもらえる部分が少ないので注意。

1)設定ファイルを編集する
# cat /etc/my.cnf

[client]
#password = your_password
port = 13306
socket = /var/lib/mysql1/mysql.sock
default-character-set=utf8

[mysqld_multi]
mysqld = /usr/bin/mysqld_safe
mysqladmin = /usr/bin/mysqladmin
user = root
password = rootpasswd

# The MySQL server
[mysqld1]
port = 13306
socket = /var/lib/mysql1/mysql.sock
pid-file = /var/lib/mysql1/host.pid
datadir = /var/lib/mysql1/
skip-locking
key_buffer = 96M
max_allowed_packet = 3M
table_cache = 128
sort_buffer_size = 1M
read_buffer_size = 1M
read_rnd_buffer_size = 4M
myisam_sort_buffer_size = 64M
thread_cache_size = 8
query_cache_size= 16M
# Try number of CPU’s*2 for thread_concurrency
thread_concurrency = 8
default-character-set=utf8
character_set_server=utf8
skip-federated
log-bin=mysql-bin

[mysqld2]
port = 13307
socket = /var/lib/mysql2/mysql.sock2
pid-file = /var/lib/mysql2/host.pid2
datadir = /var/lib/mysql2/
skip-locking
key_buffer = 96M
max_allowed_packet = 3M
table_cache = 128
sort_buffer_size = 1M
read_buffer_size = 1M
read_rnd_buffer_size = 4M
myisam_sort_buffer_size = 64M
thread_cache_size = 8
query_cache_size= 16M
# Try number of CPU’s*2 for thread_concurrency
thread_concurrency = 8
default-character-set=utf8
character_set_server=utf8
skip-federated
log-bin=mysql-bin

[mysqldump]
quick
max_allowed_packet = 16M

no-auto-rehash

[isamchk]
key_buffer = 128M
sort_buffer_size = 128M
read_buffer = 2M
write_buffer = 2M

[myisamchk]
key_buffer = 128M
sort_buffer_size = 128M
read_buffer = 2M
write_buffer = 2M

[mysqlhotcopy]
interactive-timeout

2)mysqld_multiで起動できるよう以下のコマンドを各datadirで行う
#/usr/bin/mysql_install_db –user=mysql –datadir=/var/lib/mysql1/
#/usr/bin/mysql_install_db –user=mysql –datadir=/var/lib/mysql2/

3)各mysqldを起動しパスワード設定を行う
# mysqld_multi start 1
# mysql –socket=/var/lib/mysql1/mysql.sock -u root
mysql> set password = password(‘rootpasswd’);
mysql> quit
# mysqld_multi stop 1
# mysqld_multi start 2
# mysql –socket=/var/lib/mysql2/mysql.sock -u root
mysql> set password = password(‘rootpasswd’);
mysql> quit
# mysqld_multi stop 2

4)起動確認を行う
# mysqld_multi start
# mysqld_multi stop

■php関連の設定方法
phpアプリのconfig.phpでの設定例
‘hostspec’ => ‘localhost:13306′,
 標準socketでない場合には
‘hostspec’ => ‘localhost:/var/lib/mysql2/mysql.sock2′,

デフォルトはバックアップ等も考慮してclients他3306で運用が望ましい

■起動scriptを設置する
起動用に /etc/init.d/に以下のscriptを配置

# vi /etc/init.d/mysqld_multi
—ここから
# cat /etc/init.d/mysqld_multi
#!/bin/sh
# Mysql daemon start/stop script.
#
# Usually this is put in /etc/init.d (at least on machines SYSV R4
# based systems) and linked to /etc/rc3.d/S99mysql and /etc/rc0.d/S01mysql.
# When this is done the mysql server will be started when the machine is started
# and shut down when the systems goes down.
# Comments to support chkconfig on RedHat Linux
# chkconfig: 2345 90 90
# description: A very fast and reliable SQL database engine.
# The following variables are only set for letting mysql.server find things
# if you want to affect other MySQL variables, you should make your changes
# in the /etc/my.cnf or other configuration files
MYSQLDIR=/usr
PATH=/sbin:/usr/sbin:/bin:/usr/bin:/usr/local/bin:$MYSQLDIR/bin
export PATH
# See how we were called.
case “$1″ in
start)
echo -n “Starting mysqld: “
$MYSQLDIR/bin/mysqld_multi start 1,2
echo
;;
stop)
echo -n “Shutting down mysqld: “
$MYSQLDIR/bin/mysqld_multi stop 1,2
echo
;;
status)
$MYSQLDIR/bin/mysqld_multi report 1,2
;;
restart)
$0 stop
$0 start
;;
*)
echo “Usage: $0 {start|stop|restart|status}”
exit 1
esac
exit 0
–ここまで

作成したら実行権限を与える
# chmod +x /etc/init.d/mysqld_multi

実行可能か動作確認をする
# service mysqld_multi start
# service mysqld_multi stop

■自動起動時の設定を追加
元々のmysqldはオフに、mysqld_multiをオンに
mysqld_multi はリストにないので追加する

# chkconfig mysqld off
# chkconfig –add mysqld_multi
# chkconfig mysqld_multi on

#ntsysv で確認


関連性の高い記事 by Simple Tags :

,
とりあえず付けておく無駄ではなかったなまぁまぁ読めたちょっと役に立ったかなかなり良かったかも (まだ評価されていません)
Loading...

■Scientific Linux 5.7 + Core i5 でlm_sensorsを有効にしたメモ
 Core i5でlm_sensorsを有効にできたのでメモ。おそらくCore i7も同様の手順でCPUの温度チェックが可能と思われる。

SL標準のlm_sensorsをインストール
# yum install lm_sensors

coretempのカーネルモジュールをinstall
# rpm -ivh http://www.pperry.f2s.com/linux/coretemp/kmod-coretemp-1.1-2.el5.x86_64.rpm
# modprobe coretemp

ロードされているか確認
# lsmod | grep coretemp

最新のsensors-detectを使用する
# wget http://dl.lm-sensors.org/lm-sensors/files/sensors-detect
# chmod 755 sensors-detect
# ./sensors-detect (ほとんどYESにしておけばOK)

新しい設定が書き込まれたら動作確認する
# sensors


関連性の高い記事 by Simple Tags :

,
とりあえず付けておく無駄ではなかったなまぁまぁ読めたちょっと役に立ったかなかなり良かったかも (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...

■Scientific Linux 5.6から5.7へのアップグレードメモ
 Scientific Linux 5.7がリリースになったので5.6からアップグレードした作業メモ。

■作業手順
一旦最新状態にアップデート
# yum update

repoデータを56から57に変更する(jaistを使用)
# vi /etc/yum.repos.d/sl.repo
# vi /etc/yum.repos.d/sl-security.repo
# vi /etc/yum.repos.d/sl-fastbugs.repo

baseurl=http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/scientific/56/$…
 ↓
baseurl=http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/scientific/57/$…

アップデート手順
# yum clean all
# yum update yum
# yum update glibc
# yum update

確認
# cat /etc/issue
Scientific Linux SL release 5.7 (Boron)
Kernel \r on an \m

以下の設定で構築されたimagemagickやらmysqlやらphpやらが入れ替わった状態だが、特に問題なくアップデート完了。

 D520にScientific Linux 5.6をインストールしたメモ
 http://blog.isnext.net/issy/archives/1281

 Scientific Linux 5.6でSNSサーバを構築するメモ
 http://blog.isnext.net/issy/archives/1289

 Scientific Linux 5.6にphp5.2.xを導入するメモ
 http://blog.isnext.net/issy/archives/1299


関連性の高い記事 by Simple Tags :

, ,
とりあえず付けておく無駄ではなかったなまぁまぁ読めたちょっと役に立ったかなかなり良かったかも (まだ評価されていません)
Loading...

■Scientific Linux 5.6でrootkitチェック
 Scientific Linux 5.6でrootkitチェックを行った時のメモ。当然ながらインターネットからアクセスできる状態にする前にやっておくこと。Scientific Linuxではepelのリポジトリを使ってchkrootkitとrkhunterが利用可能なのでそれらを利用する。通常はyum-conf-epel-5-1をインストールすることでepelが利用可能。現環境ではphp等の関係でIUS Community Projectを利用しており、epelが導入されているのでそのまま利用可能だった。CentOSも同様の手順で利用可能。どちらも古くからあるツールだがepelに含まれることで使いやすくなっているのがありがたい。

■chrootkit
インストール
 # yum install chrootkit
チェック
 # chrootkit (フル出力)
 # chrootkit -q(問題のみ出力)

chkrootkitはアラートが出た場合それを無視する設定をしないことを推奨している模様。以前はignoreする設定方法があったと思うのだが、今回探してみたが見つけられなかった。

■rkhunter
インストール
 # yum install rkhunter
チェック
 # rkhunter —update(アップデート)
 # rkhunter -c –createlogfile
 一度実行して出力確認する
 標準以外のリポジトリ使用時はアラートが出る可能性があるので
 内容を確認して”Checking for prerequisites”でWarningが出るようなら
 以下を実行する
 # rkhunter –propupd
 再度チェックを実行してアラートが消えることを確認する
 # rkhunter -c –createlogfile

rkhunterは自動でcron.dairyに組み込まれるが、chkrootkitは組み込まれないので必要に応じてcron用ファイルを作成する。


関連性の高い記事 by Simple Tags :

, ,
とりあえず付けておく無駄ではなかったなまぁまぁ読めたちょっと役に立ったかなかなり良かったかも (まだ評価されていません)
Loading...

■Scientific Linux 5.6にphp5.2.xを導入するメモ
 Scientific Linux 5.6に標準導入されるのはCentOS5.6同様にphp5.1.6になるため、最新のWordPress3.2.xが動作できない。そこで5.2.x系の最新版を導入する(カスタマイズしたSNSアプリがphp5.3対応未完のため)。導入するリポジトリはIUS Community Projectのもの。同ProjectはPHP,Python,MySQLの最新版をRH系ディストリビューション向けに提供することを目的としている。いずれ5.3系にする場合にもメリットがあると思われるので導入することにした。

■IUSリポジトリの導入
 epelのリポジトリを同時にインストールする必要があるのでSLの設定で利用したyum-conf-epel-5-1を削除してから、IUSリポジトリをインストールする。詳細な説明は本家のガイドを参照。

  1. # yum remove yum-conf-epel-5-1
  2. # wget http://dl.iuscommunity.org/pub/ius/stable/Redhat/5/x86_64/ius-release-1.0-8.ius.el5.noarch.rpm
  3. # wget http://dl.iuscommunity.org/pub/ius/stable/Redhat/5/x86_64/epel-release-5-4.noarch.rpm
  4. # rpm -Uvh ius-release*.rpm epel-release*.rpm
  5. # yum update

■phpの入替え
 yumのreplaceプラグインを利用して一気に入替えを行う。epelからphp-eacceleratorを導入している場合、依存性欠如で削除されてしまうため注意が必要。

  1. # yum install yum-plugin-replace
  2. # yum replace php --replace-with php52

■eAcceleratorをインストールする
 sourceforge.netから最新のeaccelerator-0.9.6.1.tar.bz2をダウンロードしておく。インストール手順の詳細はこちら

事前準備
# yum install php52-devel gcc

コンパイルインストール

  1. # tar jxvf eaccelerator-0.9.6.1.tar.bz2
  2. # cd eaccelerator-0.9.6.1
  3. # phpize
  4. # ./configure
  5. # make
  6. # make install

設定ファイル作成

  1. # vi /etc/php.d/eaccelerator.ini
  2.  extension="eaccelerator.so"
  3.  ;zend_extension="/usr/lib/php/modules/eaccelerator.so"
  4.  eaccelerator.shm_size="128"
  5.  eaccelerator.cache_dir = "/var/cache/php-eaccelerator"
  6.  eaccelerator.enable="1"
  7.  eaccelerator.optimizer="1"
  8.  eaccelerator.check_mtime="1"
  9.  eaccelerator.debug="0"
  10.  eaccelerator.log_file = "/var/log/httpd/eaccelerator_log"
  11.  eaccelerator.name_space = ""
  12.  eaccelerator.filter=""
  13.  eaccelerator.shm_max="0"
  14.  eaccelerator.shm_ttl="3600"
  15.  eaccelerator.shm_prune_period="0"
  16.  eaccelerator.shm_only="0"
  17.  eaccelerator.compress="1"
  18.  eaccelerator.compress_level="9"
  19.  eaccelerator.keys     = "shm_and_disk"
  20.  eaccelerator.sessions = "shm_and_disk"
  21.  eaccelerator.content  = "shm_and_disk"
  22.  ;eaccelerator.allowed_admin_path = ""

キャッシュディレクトリ作成

  1. # mkdir /var/cache/php-eaccelerator
  2. # chmod 0777 /var/cache/php-eaccelerator

apache再起動
# apachectl graceful

phpinfoで有効になっていることを確認する


関連性の高い記事 by Simple Tags :

, , , ,
とりあえず付けておく無駄ではなかったなまぁまぁ読めたちょっと役に立ったかなかなり良かったかも (まだ評価されていません)
Loading...